スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

原色の街に魅せられて  #5

墨田区にある鳩の街通り商店街は今話題の東京スカイツリーから歩いて15分くらいでしょうか。
現在でも昭和レトロな風景が残るどこか懐かしい街並みが多くあります。
カフェー建築も当時の面影を残し、現在もひっそりと狭い道に佇んでいます。


R0010414[1]
櫻井という屋号のお宅。50年も前の物件とは考えられない程、綺麗な造りです。
角のアール、大きなバルコニー、掲示板でしょうか。この街の中心部にあることから当時はかなり人が出入りしていたと推測します。

R0010416[1]
「OFF LIMITS」の文字

R0010419[1]
正面入り口でしょうか。屋号を外した痕跡があります。
扉ひとつを見てもとても丁寧な造りなのがわかります。
R0010424[1]
もうひとつの扉。二段の斜め取っ手がお洒落です。二段の斜め取っ手は当時の流行りみたいです。

さらに裏へまわってみると・・・

R0010433[1]
もうひとつの扉が。こちらのほうは和風な造りになっております。

R0010427[1]
R0010430[1]
商店街側から。和洋折衷の美しさが心にきます。大きなバルコニーがありますが、当時はここから隅田川の花火が見れたのでしょうか。

R0010431[1]
RICOH GR DIGITAL III  鳩の街にて

「原色の街」の吉行淳之介は後に回想しています。「この作品の背景は、いわゆる赤線地帯であるが、その場所の風俗を書こうとおもったわけではない。このときまで私はそういう地域に足を踏み入れたことは、二、三度しかなかったし、娼婦に触れたことは一度もなかった。もともとこの作品で私は娼婦を書こうともおもわなかった。」と

「原色の街」に魅せられてということで今回鳩の街商店街界隈を歩き、写真を撮らせて頂きました。
現在も残る当時からの建物からは様々な時代背景や歴史をほんのわずかかもしれないですが感じることができました。

にほんブログ村 写真ブログへ

:下町
[ 2010/11/24 21:27 ] 東京都 鳩の街 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shin523.blog136.fc2.com/tb.php/48-743e14a6










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。