スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

月江寺逍遥~1

昭和的街並みが色濃く残る月江寺界隈。
平日の昼間に歩いたのだが、人という人が見当たらない静かすぎる界隈だった。
路地から路地を歩いたときに見かけたちょっとした景色など。

13[1]


3[1]


4[1]


10[1]
Canon New F-1
NFD 50mm F1.4
Kodak EKTACHROME E100VS
月江寺



にほんブログ村 写真ブログへ






ぶらり~散歩♪
[ 2011/11/01 19:00 ] 月江寺 | TB(0) | CM(2)

こんばんは^^

ShinShinさん、こんばんは^^

月江寺へ行ってきたShinShinさんがうらやましくてたまらない私です^^;
今年はもう寒くなるから我慢に我慢をして、来年は絶対に挑戦してみたいと思っています。
でも、ShinShinさんの写真を見ててもちょっと怖い感じがする路地だから実際に行ったら怖くて路地に入り込めないかもしれませんね^^;
平日はそんなに人がいないんでしょうか・・?

タイルを使った外壁や、お店の名前や、壁の下のほうの湿気を帯びたジメッとした感じや、道に生えた苔や、時間が止まっている感じ、置き去りにされたままの空間が本当にたまらなく感じられる写真ばかりでうっとりしてしまいます。
まだまだ月江寺の写真が続くのでしょうね。
楽しみにしています^^
[ 2011/11/01 23:47 ] [ 編集 ]

>夢華さん

こんばんは!
月江寺の存在を教えてくれた夢華さんには感謝、感謝です^^

月江寺は何と言っても富士山の麓ですから僕が行った時期はまだ大丈夫でしたが、これからのシーズンは寒いかもしれませんよね。
僕の行った平日はホント人という人はほんの何人かしか見ていないです。堕ちた飲み屋さんが多いので何となく暗い感じの界隈ですが解りやすく歩きやすいと思いますよ^^

飲み屋街や飲み屋さん、それも昭和のお店を観察しているとウットリします^^
屋号の看板ひとつを見てもデザインや色使い、フォントなんかセンスを感じるお店が多いですね。
タイルってどうして惹きつけられるのでしょうか^^タイル張りの壁、特にこの界隈は独特のファサードを持つ昭和的モダンな建物が多いので圧倒されます(笑)

まだまだ月江寺の写真が続きますので、どうぞ宜しくおねがいします^^

[ 2011/11/02 20:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shin523.blog136.fc2.com/tb.php/412-6a6f6ac0










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。